加齢臭の原因

加齢臭の原因

中年以降になれば気になる加齢臭ですが、どういったことが原因として考えられるのでしょうか。
その答えとして、加齢臭は「ノネナール」と言われるにおい成分が原因と考えられています。
だいぶ前の日本には加齢臭などという言葉はありませんでしたし、一般的に理解されることになったのは今になってようやくといったところではないでしょうか。
和食を中心に組み立てられた日本の食事は、気になるほどの体臭が生じるようなことはほとんどなかったと言えるでしょう。
戦後の日本は食生活の欧米化が加速し、強烈な臭気を放つ状態を築き上げてしまったのです。
気になる加齢臭を生じさせるノネナールは、歳をとるごとに多くなっていく物質なのです。
通常は40歳を過ぎたあたりから加齢臭を放ち始めると言われ、おやじ臭い臭気があることで避けられてしまう場合もあるようです。
タバコも加齢臭を引き起こす存在ですが、喫煙をしているとノネナールが生成されるのを応援してしまうのです。
その他にも、整髪料の臭いや汗の臭いなどがミックスされて加齢臭と受け止められている可能性があります。
厄介ですが加齢臭は洋服に付きますから、洗濯をする頻度が少ない物に関しては、余計に加齢臭を漂わせているかもしれません。
加齢臭の臭いを改善するためには、早いうちから対策を練ることが大事なのです。
加齢臭の元凶と言えるノネナールは、普通に販売されている石鹸では取り去るのが困難です。
加齢臭対策に適した石鹸なども取り扱われていますから、興味のある方は使用してみると良いでしょう。
ただ、最初は生活習慣の改善を図り、常日頃から清潔さをキープすることが欠かせないのです。
現状で加齢臭が気になるという方は、可能な限り早いうちに対策をとる時期にきているでしょう。