女性の加齢臭

女性の加齢臭

加齢臭という呼び方には、高年齢の男性から放たれる臭いというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
ところが加齢臭を漂わせているのは男性だけというわけではなく、加齢臭は女性からも発生します。
加齢臭という名前が付いているだけあり、年齢を重ねることによる臭いですから、性別の違いが影響することはないのです。
女性から加齢臭が臭っている状態においては、身近な人もあえて言わないため臭いが分からないままになっていることがあります。
少しでも加齢臭を感じるようであれば、第一に家族から判断してもらうとショックは軽くなるでしょう。
基本として女性は、女性ホルモンが強い臭いを生み出す皮脂が酸化することを軽減しています。
しかしながら、加齢によって女性ホルモンが分泌されなくなってくると、皮脂の酸化を緩和する効果が得られなくなってしまいます。
閉経を迎えると、男性と女性との明らかな違いが見られなくなるのです。
加齢臭の出ている女性においては、悲観的に捉えてしまいがちです。
このようなことにストレスを感じると、余計に加齢臭を悪化させてしまう場合もあります。
特に顔、背中や胸などといった皮脂腺が密集しているところについては、中年に満たない女性であっても加齢臭を放出する場合があります。
生活を送る中で、臭いに反応する感覚を磨くことが求められます。
女性が加齢臭を抑止するためには、汗をシャワーで流したりタオルで丁寧に拭き取ったりなどの対応をすることになります。
眠りに就いている時間は頭皮が接触している枕も、可能な限り衛生的な状態に維持する必要があるでしょう。
偏った食生活や運動をしていないことから加齢臭を発生させる場合もありますので、毎日の生活を見直してみることも大切です。