年齢と加齢臭

年齢と加齢臭

加齢臭という言葉は、このごろになって頻繁に登場するようになった言葉です。
過去には「おやじ臭」と呼ばれていましたが、最近では加齢臭という言葉が普及しています。
純粋に加齢臭を、中高年のおじさんから発せられる匂いと思っている方も多いのではないでしょうか。
加齢臭というのは何もおじさんだけが発する匂いではなく、年齢的に若くても引き起こす可能性があるのが加齢臭なのです。
加齢臭の元になるノネナールと呼ばれる成分は、歳でいくと40代を過ぎたあたりから検出量が増えることになります。
しかし実のところは、40代より下の方にもノネナールが多量に生成される方が少なくないのです。
要するに、加齢臭を引き起こしているかどうかの決定打は、年齢ではなくノネナールの検出量が多量か少量化ということになります。
日常的な喫煙本数や飲酒量なども少なからず影響し、脂物の多いメニューが多いということも臭いの原因になると言われています。
これらにストレスの鬱積や運動不足が見られると、20代など若い方であっても加齢臭を出すケースがあります。
全く加齢臭を気にしていないような方でも、ある日突然に出てくるといった場合もあります。
個々の年齢と加齢臭は、直接関係しないと言っても過言ではありません。
加齢臭が起こる年齢を遅くするためには、可能な限り生活リズムを整えて、食事メニューの改善も必要です。
よく外食で済ませるという方は、警戒心を抱く必要があるでしょう。
現状で加齢臭に悩まされている方も、一番に食生活の偏りをなくしていくことをお勧めします。
加齢臭が起こる時期というのは予測がつきませんから、自分はまだ若いからと安心することがないようにしましょう。