体臭と加齢臭の違い

体臭と加齢臭の違い

加齢臭や体臭といった呼称は広く普及していますが、どこがどう違うのか知っている方は少ないでしょう。
例えば体臭は各種雑菌がかいた汗と混ざることで体から放たれる臭いのことを言います。
このため、加齢臭に関しても大まかには体臭に分けられることになります。
例を挙げると、スポーツを終えた後に、汗の臭気が生じることがあります。
これが体臭ですが、その体臭に表現し難いような臭気を認めることができるとしたら、それが加齢臭ということになります。
加齢臭に関しては、汗の臭いとはかけ離れた鼻につく臭いを生み出します。
世間では古新聞やロウソクなどの臭いと例えられていて、部屋に染み付いてしまいます。
仕組みとして体臭と加齢臭は漂い始めるまでの過程が異なるのですが、体の中から放たれているという部分では一緒です。
そのため、生活習慣や食事内容の改善を図ることで、体臭や加齢臭を抑制することができます。
加齢臭を自覚していないという方がしばしば見受けられ、身近にいる人だけが不快に思っているようなことも往々にしてあります。
体臭と加齢臭は混同されがちですが、匂いを感じるほうにとっては気分が悪くなるのは加齢臭です。
体臭を例にとると、体の他にも着衣を衛生的な状態に維持することで緩和することができます。
ですが加齢臭の場合には、懸命に石鹸を用いて体を擦っても匂いが無くなるというわけではありません。
加齢臭を弱体化させるには、要因とされているノネナールと呼ばれる物質を阻止しなくてはいけません。
方法としては、何よりも優先して生活習慣を偏りのないレベルにしましょう。
毎日のタバコやお酒、溜まったストレスも不快な臭いを生じさせる誘因となりますので、要注意と言えるでしょう。